吉田正記念オーケストラ公式ウェブサイトへ、ようこそ。

”吉田メロディー”大盛況

記念オーケストラシンガポールなどで演奏会

(シンガポール=花田吉雄)

YKO吉田正記念オーケストラ

読売新聞の記事

YKO吉田正記念オーケストラ

シンガポール・ビクトリアホール

YKO吉田正記念オーケストラ

マレーシア・ニューヨークホテル会場

昭和の数々のヒット歌謡曲を生み出した故吉田正氏(1921-1998)の遺志を受け継ぐ「吉田正記念オーケストラ」が7日、シンガポールで親善演奏会を開き、大盛況を博した。

 オーケストラは「有楽町で逢いましょう」などの作曲で知られる吉田氏が残した数々の名曲を後世に伝えようと2001年に結成。シンガポール・フィルの初代音楽監督をはじめ、韓国、台湾、トルコなど30年以上にわたり海外の交響楽団で指揮者を歴任した大沢可直氏を迎え、日本で唯一、クラッシックと軽音楽をあわせたムード音楽を専門とする楽団として、多くのファンを獲得している。

公演は、シンガポール大学創立100周年事業の一環として、同国の招待を受けて実現した。会場はシンガポール大生や地元市民などで満員になった。

 演壇に立った大沢氏が、演奏する曲目を丁寧に解説し、軽妙な英語で場を和ませた後、「いつでも夢を」「異国の丘」など交響曲仕立てにした吉田氏の代表曲を披露。さらに「涙そうそう」(夏川りみ)、「世界にひとつだけの花」(SMAP)などJポップスや、シンガポールでも人気の韓国のテレビドラマ「冬のソナタ」の挿入曲などもムードたっぷりに演奏され、観客も大喜び。

 翌8日にはシンガポール同様、マレーシアのジョホールバルでも公演し、好評を博した。

 大沢氏は、「吉田氏の歌謡曲はオーケストラという西洋音楽の形をとりながら、日本的なメロディー、情緒を加味していて、アジアの中国文化圏でも親しまれている。和洋折衷の芸術ともいえる”吉田メロディー”を海外に紹介して文化交流のお役に立ちたい」と話している。

YKO吉田正記念オーケストラ

吉田正記念オーケストラを取り上げたマレーシア地元新聞の記事

 

読売新聞2005年5月11日の記事より
この記事、写真等は読売新聞社の許諾を得て転載しています。
読売新聞社の著作物について

 

コンサートの歴史へ戻る

 

Page Top

トップページ

最新情報

プロフィール

吉田 正

コンサートの歴史

お客様の声

オリジナルCD

後援会の入会について

企画お問い合わせ

交通アクセス

YKO公式 facebookページ